21世紀活字文化プロジェクト

トップ >  読書教養講座 > 東山彰良さん、葉室麟さんが都内で対談

読書教養講座

2016/11/24

東山彰良さん、葉室麟さんが都内で対談

西南学院読書教養東京 - コピー.jpg 西南学院創立100周年記念「読書教養講座 in 東京」(西南学院大学、活字文化推進会議主催)が11月23日、東京都千代田区のサピアホールで開かれ、400人が参加しました。
 講師は直木賞作家の葉室麟さん、東山彰良さん。日本テレビアナウンサーの尾崎里紗さんが聞き手となり、「挫折と失敗、創作の源流」をテーマに語り合いました。3人は同大学出身。
 50歳の時に作家デビューした葉室さんは「人生の終盤戦に差し掛かって、生きてきてどうだったのかを表現したいと書き始めた」と心情を吐露しました。
 東山さんは「大学院時代、論文に行き詰まっていた頃、アイデアもないまま書き始めた小説がデビュー作になった」と、創作のきっかけを話しました。
 2017年1月上旬に読売新聞朝刊で、当日の模様を詳しく紹介する予定です。

ページのトップへ

読書教養講座

2016年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

2005年度