21世紀活字文化プロジェクト

トップ >  成毛眞の新読書スタイル > おすすめの本(16)『パンダ銭湯』

成毛眞の新読書スタイル

2013/12/25

おすすめの本(16)『パンダ銭湯』

tupera tupera/著、絵本館、1365円(税込)

パンダ銭湯.gif子どもの頃に読み聞かせてもらった絵本は、「友達と仲良くしよう」や「お父さん、お母さん大すき」など純粋にお話を楽しむだけではなく、プラスαの要素が含まれた内容のものが多かったのではないでしょうか。近年では、大人向けの美しい装丁の絵本や純粋にストーリーを楽しむ絵本も増えてきていますが、普段絵本に触れる機会が少ない大人の方にはなかなか手に取るのが難しいジャンルだと思います。

今回ご紹介するtupera tuperaさんの『パンダ銭湯』は、純粋に楽しむ絵本の中でも特に注目して頂きたい1冊です。作者のtupera tuperaさんは男女2人組のユニットで、過去には日本絵本大賞を受賞した「しろくまのパンツ」や読者自身が完成させる「かおノート」などユニークな絵本を生み出してきました。そんな2人が新たに作り出したのが、パンダの親子が主人公の笑いがこみあげてくる1冊です。

動物園に住んでいるパンダの親子が、パンダ専用の銭湯に行くところからお話は始まりますが・・・お話を読み進めていくと、なんとパンダの秘密を目撃してしまいます。笑撃の内容ですが、本書で注目して頂きたいのは、ストーリーだけではなく各ページにちょっとしたギミックが隠されているところです。そのギミックが内容とも絡み合ってお話の面白さをさらに押し上げています。また何回も読んだからこそ発見できる仕掛けもあり、誰かと一緒になって笑い、楽しむこが出来る1冊です。

ぜひ最後の1ページまで気を抜かずにチェックしてください。大人のあなただからこそ見つけることが出来る楽しいおまけが最後の最後に登場します。

コーチャンフォー旭川店                                                     山田倫子

ページのトップへ

成毛眞の新読書スタイル