21世紀活字文化プロジェクト

トップ >  成毛眞の新読書スタイル > おすすめの本(20)『WILDER MANN』

成毛眞の新読書スタイル

2014/01/17

おすすめの本(20)『WILDER MANN』

シャルル・フレジェ/著、青幻舎、3,990円(税込)

WILDERMANN.jpgマンガやアニメに登場する幻想的なキャラクターが現実世界へ飛び出してきたような錯覚に陥ります。

『WILDER MANN』は、ヨーロッパ諸国で古来より継承される仮装の儀式で使用される伝統衣装を集めた写真集。伝統衣装といってもクラシカルなものだけではありません。パッと見ただけでは何を象った仮装か判然としないものや、およそ日本では考えつかないようなデザインのものばかり。そんな獣人―ワイルドマン―の写真が約160点、ヨーロッパ19カ国にわたり掲載されています。

どのページを開いてもその写真は不気味で、得体が知れなくて、神秘的。自分が持っている常識から外れたものを見たり感じたりしたときのぞわぞわする感覚が迫ってきます。夜おばけが怖くて夜にトイレに行けなかったり、ひとり自転車で知らない遠くの町に出かけ寂しさに襲われて急いで帰ってきたり。小さい頃によく抱いていたそんな感覚がふつふつと蘇ってきました。

とはいえ、単におそろしさが前面に押し出された写真集というわけではありません。背景にあるヨーロッパの大自然と衣装の非現実感のギャップは、写真を眺め続けるほどに癖になる面白さ。また中には不気味ながらも親しみあふれる獣人もいて、昨今ブームになっているゆるキャラに通ずるおかしみや滑稽さもあります。様々な感覚を揺さぶられる一冊で、手に取ったら最後、目が離せません。

パルコブックセンター吉祥寺店
瀬之口和樹

ページのトップへ

成毛眞の新読書スタイル