21世紀活字文化プロジェクト

トップ >  成毛眞の新読書スタイル > おすすめの本(40)『星と星座をみつけよう』

成毛眞の新読書スタイル

2014/04/03

おすすめの本(40)『星と星座をみつけよう』

森雅之/著、誠文堂新光社、1300円(税別)

星と星座をみつけよう.jpg目下、読書の第一の敵はスマートフォンであろうと思う今日この頃。スマートフォンには様々なアプリがあり、多くが無料でダウンロードできる。バカげたものから秀逸なものまで様々だけれど、これはスゴイおと思ってしまったアプリの一つに“星座表”というのがある。このアプリを立ち上げて空に向けると、画面にはその方向にあるべき星や星座が映し出される。

この冬、このアプリのおかげで、ベテルギウス&プロキオン&シリウスの“冬の大三角形”や“冬のダイヤモンド”などを覚えることが出来た。とは言え、やはり何だか物足りない。有料のアプリにすればもっと情報量が多いのかもしれないが、物足りないのはそういうことじゃなくて。

やはり書物が欲しくなるのは、本屋の性だろうか。しかしとてもいい本に出会った。『星と星座をみつけよう』は、子供向けの星座絵本。しかし、大人にも十分読み応えがある。面白いのが、春夏秋冬ごとに左のページにその季節の空の様子が描かれ、右ページにはその空にある星座が線で結ばれている。星座探しの練習問題と解答のようなものだ。

一番星がきれいに見えるのは、寒く冷え込んだ冬の空だけれど、夜空を眺めるのに心地良い季節はこれからだ。この本で予習をして、星を観に行きたいと思う。その時にはこの本と、少しだけアプリの力も借りよう。

ダイハン書房 本店
山ノ上純

ページのトップへ

成毛眞の新読書スタイル