21世紀活字文化プロジェクト

トップ >  読みきかせ教室 > 【千代田区・読売新聞東京本社】読みきかせ教室〜親子200人が参加

読みきかせ教室

2003/07/13

【千代田区・読売新聞東京本社】読みきかせ教室〜親子200人が参加

読みきかせを通じ、子どもに本に親しんでもらおうと「お父さんとお母さんの読みきかせ教室」が12日、千代田区の読売新聞東京本社で開かれ、約200人の親子が参加した。

20030713_01.jpg 読売新聞社と出版関係業界が協力して発足させた活字文化推進会議と、出版文化産業振興財団(JPIC)が主催。2歳児までの午前の部、6歳児までの午後の部に分かれ、講師の道灌山学園保育福祉専門学校保育部長の阿部恵さんと、JPIC読書アドバイザーの宇野君代さんが、歌や人形遊びを織り交ぜながら絵本を読み聞かせた。

 親たちは「家で本を読んであげても、子どもは集中しないが、今日はじっと聞いていた。強弱やリズムをつけて読んだりするところが参考になった」と話していた。会場には父親の姿も目立ち、阿部さんは「お父さんも子どもをひざの上に乗せて絵本を読んであげてほしい。上手に読まなくてもいい。絵本で遊んであげるという気持ちが大切」と話していた。

(2003/07/13)

ページのトップへ

読みきかせ教室

2013年度

2012年度

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

2005年度

2004年度

2003年度