21世紀活字文化プロジェクト

トップ >  読みきかせ教室 > 【愛知県豊田市】阿部恵さんの話術に引きこまれ

読みきかせ教室

2005/04/09

【愛知県豊田市】阿部恵さんの話術に引きこまれ

 読売新聞社が推進する21世紀活字文化プロジェクトの一環である「お父さんとお母さんの読みきかせ教室」(主催・活字文化推進会議、出版文化産業振興財団=JPIC)が9日、愛知県豊田市の「とよた子育て総合支援センター」で開かれた。

20050409_01.jpg 2〜6歳児のいる親子35組、120人の参加者を前に、東京・道灌山学園保育福祉専門学校講師の阿部恵さんが、「絵本は子供だけでなく、親にとっても、心を育てる大切な文化」と、絵本を通した子育ての方法などを説明。JPIC読書アドバイザーの佐藤あけみさんが、幼児への読み聞かせや、手遊びを指導した。

 この後、阿部さんが、紙芝居風の「パネルシアター」を披露すると、参加した親子は、巧みな話術と物語の展開に引き込まれていた。

(2005/04/09)

ページのトップへ

読みきかせ教室

2013年度

2012年度

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

2005年度

2004年度

2003年度