角田光代さんが6月に龍谷大学で文学を語ります

 直木賞作家で、「源氏物語」の現代語訳に取り組んでいる角田光代さんが、入澤崇学長、安藤徹文学部長らと、文学の可能性、古典の魅力などを語り合います。中央公論新社の文芸編集者も登壇、作家と編集者の関係についても語ります。事前申し込みが必要。
 【日時】6月16日(土)午後1時半開会【場所】龍谷大学大宮キャンパス(京都市下京区)

※聴講券の送付は終了いたしました。別教室でライブ配信をいたします。ご覧になりたい方は下記をクリックし、お申込ください。(当日、席に余裕があれば、本会場にご案内いたします)

聴講申込みはこちら

 

 問い合わせは同事務局03・3217・4302(平日午前10時~午後5時)。
 主催=龍谷大学
 共催=活字文化推進会議

イベント情報の一覧へ戻る ビブリオバトルとは

ご登場いただいた著名人