西南学院大読書教養講座に村山由佳さん登場

西南学院大学の学生たちとのトークセッションで、創作活動などについて語る村山さん(左から2人目)

    福岡市の西南学院大学で6月10日、 直木賞受賞作家の村山由佳さんを講師に迎え、読書教養講座が開かれました。村山さんは今年3月、福岡・糸島出身の婦人解放運動家、伊藤野枝をモデルにした評伝小説『風よ あらしよ』(集英社)で第55回吉川英治文学賞を受賞しました。

 村山さんは講演の中で、「小説に書かれているあらゆる場面で、同じ言葉でも人それぞれ浮かべるイメージは違う。本は自分自身の膝の上で、自分だけの宇宙が広がる良さがある」と本を読むことの面白さについて語りました。今回の開催は、新型コロナウイルス感染防止のため、聴講を学内関係者に限定し、会場となった西南コミュニティーセンターホールには、約30人の教職員・学生が参加しました。  
 

読書教養講座の一覧へ戻る ビブリオバトルとは

ご登場いただいた著名人